「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

COVID-19 新型コロナウイルス・レポート

PCR検査を巡る攻防

著者/木村 浩一郎
――見えざるウイルスの、見えざる戦い
価格:    1,200円 +税
頁数:    160ページ
判型:    四六判
ISBN:     978-4903722801

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

PCR検査論争は、どこに問題があったのか?
なぜ「陰性証明」などが論点になったのか?
どうして医療関係者の安全は守られないのか?
探っていくうちに知られざる 複雑な関係が見えてきた。

著者紹介

木村浩一郎(きむら・こういちろう)
1961年福岡県生まれ。
リーダーズノート出版代表、リーダーズノート編集部編集長。編集者、ライター。出版社、
プロダクションを経て現職。

目次

第1話 ジレンマ

・この騒ぎが教えてくれること
 ・「新たな日常をつくり上げる」って何だ?
・水際対策の失敗と楽観視を振り返ってみよう

第2話 感染地帯

・北九州市では何が起こっていたのか
・安全を売る、安全を買うという発想
・日本の疫学調査というのは大丈夫か?
・スペシャリストに教えてほしいこと

第3話 医療界とメディア

・見えにくい複雑な医療界の問題
 ・「共同声明に物申す」という元厚生官僚の呼びかけ
 ・「幼子の親への『ねだり』と大して変わらない」とは?
 ・「PCR検査せよと叫ぶ人」という表現のテクニックとは
・印象は、どうやって形成されるか
・陰謀論は、どのように検証されるべきか
・NHKが越えてはならない一線を越えた
・メディアは見えない疫病を可視化してくれる

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない