「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

編集の教科書

著者/宇留間和基
なぜか先輩は教えてくれない基本ノウハウを学ぶ「編集基礎ハンドブック」
価格:    1400円+税
頁数:    232ページ
判型:   
ISBN:    978-4903722788

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

ジャーナリズムを重んじる朝日新聞社のなかでは、最も軽い男と言われた、『AERA』編集長・朝日新聞出版社長だった宇留間氏が、軽く読みながらも役立つ「編集の基礎ハンドブック」を書き下ろしました。著者に言わせれば、「編 集の核心はタイトル」。本書の約 40ページにわたってタイトル練習を記述しています。読者は自ずとタイトルの重要性をも再発見し、編集の本質を体得し、売れる企画やヒットの理由までを理解することでしょう。
だれにも答えられない。先輩も教えてくれない。
だから…。この本が必要です。

フリーのエディターやライター、メディアや広告代理店に勤務する人、企業の宣伝・広告、広報などの部署に配属された人は、就職後、いったいどれほど文章の執筆や編集について教わるでしょうか?
プロとして独立し、あるいはプロとして勤務し配属されるのですから、多くの人は独学です。本書では、著者の宇留間和基氏が、「なぜか先輩は教えてくれない基本ノウハウ」を伝授します。
この一冊から、一つ大切なものを学び応用できるようになれば、それはあなたの将来にとって大きな影響を与えることでしょう。

著者紹介

宇留間和基(うるま・かずもと)/ 毎日新聞社に入社後、朝日新聞社に移る。1988年「AERA」編集部。1992年から朝日新聞東京社会部、2003年から「AERA」編集長を3年間つとめる。2008年の朝日新聞出版設立に伴い代表取締役社長に就任。2012 年より日刊スポーツ新聞社常務取締役に就任。2016年6月に日刊スポーツ新聞社を退社し、同年7月ジェイキャスト社に入社。2017年J-CASTニュース編集長に就任。現在、ニュース事業本部長をつとめる。

書評・その他
●exciteニュース:タイトルこそ命、元「AERA」編集長のノウハウ
LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない