「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

国家の品格を撃つ

著者/木村 和彦
価格:    734円
頁数:    176ページ
判型:   
ISBN:    978-4903295060

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

「国家の品格」のレトリックとは何か? 250万部達成。2006年総合部門年間ベストセラー第一位の藤原正彦著「国家の品格」は、日本に何をもたらすのか? 「国家の品格」大ファンの方にも新たな視野が開ける本です。

著者紹介

昭和六年福岡県生まれ。作家。中学二年生の時、肋骨カリエス手術のため長期入院、文学書を読みふける。中学三年生のとき学徒動員で、塹壕堀りや陸軍糧抹廠で船舶と馬車間の荷役をしながら、禁じられた海外文学書に親しむ。敗戦後中学五年から新制の高校三年に進学、九州工業大学第一回入学生となる。昭和二十八年より私立高校教諭。その後七年間盲学校教諭。日本初の盲学生の吹奏楽団を結成する。昭和三十七年から二十六年間公立高校の物理教諭。在職中に執筆活動を始め、ノンフィクション、小説等の作品を手がける。『海峡派』前主宰。文学賞受賞作に『新地海岸』、著書に盲学校での体験をテーマとした『アイウルラ』がある。

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない