「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

アイウルラ

著者/木村 和彦
価格:   
頁数:    331ページ
判型:    20.8 x 15 x 2 cm
ISBN:    978-4861130410

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

突然に言葉を失った老人は、何を語ろうとする。次第に光を失っていく者は、何を見ようとする。立ちはだかる常識の壁を越えて、他人の視点から日常を見つめなおそうとする作者の、入魂の一冊。

著者紹介

昭和6年福岡県生まれ。昭和28年より私立高校教諭。その後7年間盲学校教諭。日本初の盲学生の吹奏楽団を結成する。昭和37年から26年間公立高校の物理教諭。在職中に執筆活動を始め、ノンフィクション、小説等の作品を手がける。

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない