「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

記者入門ガイド

報道記者の原点

著者/朝日新聞社 前記者教育担当部長 岡田 力
報道とは何か。何を見つめ、どう取材し、いかに伝えるべきなのか。
価格:    1400円+税
頁数:    288ページ
判型:    四六判 並製
ISBN:    9784903722504

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

報道とは何か。何を見つめ、どう取材し、いかに伝えるべきなのか。朝日新聞社の前記者教育担当部長・岡田力氏が、プロフェッショナルとしての思考から技術 までを解説する。取材拒否は、取材が「いい線行っている」ことの裏付け。いまは、記者にとってエキサイティングな時代。気負わず淡々と報道の概念・手法を 書く一方で、「殺したのは自分ではないか。人間として失格なのではないか」と新人時代の葛藤をも振り返る。体験を軸にした展開が説得力を持つ「プロ記者入 門ガイド」。

著者紹介

朝日新聞長野総局長。 産経新聞入社、リクルート事件、警視庁捜査1課担当で連続幼女誘拐殺人事件などを取材。 朝日新聞入社、警視庁公安担当としてオウム真理教事件を取材。名古屋報道センターデスク、 東京本社地域報道兼社会グループデスク、ジャーナリスト学校記者教育担当部長を経て現職


(プロフィルはこの書籍が刊行された当時のものです)

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない