「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

報道記者のための取材基礎ハンドブック

著者/朝日新聞社 西村隆次
プロ記者を目指す人のために、
基礎情報を集約
価格:    1300円+税
頁数:    208ページ
判型:    四六判並製
ISBN:    4903722473

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

有望な新人の新聞記者に「記者の勘所」を伝えられないかと、著者が書き溜めてきたノウハウを公開。街ダネの見つけ方に始まり、読者と記者の「思考の逆構造」、連想の進め方、発想や着眼、記事の書き方など、記者活動の基本を解説。

著者紹介

人材開発室研修幹事、朝日新聞社ジャーナリスト学校主任研究員をへて、朝日新聞社郡山支局長

(プロフィルはこの書籍が刊行された当時のものです)

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない