「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
main_image

みんなの絵本

みつけたのだあれ?

著者/AKI(木下明幸)
価格:    720円+税
頁数:    24ページ
判型:   
ISBN:    978-4903722382

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

3歳になっても話すことができず、軽度の知的障害と診断されたAKI(木下明幸)さんは、絵を描くことで稀なる才能を発揮。そのAKIさんが、美しい色彩と躍動感に満ちあふれた動物を描いた作品。あるひ、リスさんが、のはらで3つのタネをみつけたところから、物語は、はじまります。フィンチ、ウサギ、チョウチョ、アリ、ネコ、トンボ、イヌ、アルバトロス、シカ、モンシロチョウ、モグラなどから、キリン、ブタ、ライオンまで、数多くの動物たちが、タネの成長を見守ります。第1弾の『だあれ?』、第2弾の『ともだち だあれ?』に続く、第3弾の『みつけたの だあれ?』は、ますます鮮やかな彩りで、AKIの独特の世界へ、子供たちを誘います。

著者紹介

1987年生まれ。14歳からファッションデザイナーとして活躍し、多くの有名アーティストやミュージシャンとの共演、ライブパフォーマンスを行う。2010年に23歳で、世界初の知的障害を持つ特別ゲストアーティストとして武蔵野美術大学で活動。2008年「日本・スペイン交流親善名誉作家展」金賞受賞(スペイン)。2009年「ギリシャ修好110周年記念展」特別審査員賞受賞(ギリシャ)。国内外での受賞回数多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない