「毒」がなくてはつまらない  「蜜」がなくては諭しめない  「骨」がなくては意味がない
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない
進化する香港

潜在競争力「世界一」の秘密を探る

進化する香港

著者/香港・日本経済委員会 株式会社エヌ・エヌ・エー
潜在競争力「世界一」の秘密を探る、エコノミストたちの検証。
価格:    3,024円
頁数:    347ページ
判型:    23 × 15 × 3 cm
ISBN:    978-4903722047

一般書店のほか、以下のオンライン書店でも取り扱いがあります。

書籍内容

香港返還から10年。香港の真の競争力を徹底分析。日本経済研究センターの世界50カ国・地域の潜在的競争ランキングで、世界1位の座についた香港は、いかにして「世界一」の座を得たのだろうか。本書は日本を代表するエコノミストや専門家、ジャーナリストらが香港の競争力の源泉がどこにあるのか、綿密な分析を基にまとめた、最新の香港がわかる必読の一冊。 また、世界を席巻する香港最大の商社「リー&フン」の馮国経(ビクター・ファン)会長のインタビューも掲載。

目次
序章 香港の現状
第1章 返還10周年にして立証された香港の経済競争力
第2章 香港の競争力源泉解明―人的資本・社会関係資本・金融資本・制度インフラ・物流システム
第3章 香港の成長要因分析(1)―汎珠江デルタと雁行形態論の形成
第4章 香港の成長要因分析(2)―華南重化学工業化が香港にもたらすビジネス恩恵
第5章 香港の成長要因分析(3)―香港域内の新産業創出
第6章 香港のリスク要因
第7章 日系中小企業による香港活用 結章 香港の未来

                                 

著者紹介

長谷川 展久(富士通総研代表取締役社長)、可部 繁三郎(日本経済研究センター 主任研究員)、木内 惠(日本貿易振興機構 経済分析部主任調査研究員)、伊澤潔(りそな総合研究所 コンサルティング部コンサルタント)、西原哲也(NNA香港・華南版編集長)、関志雄(野村資本市場研究所 シニアフェロー)、藤原 弘(日本経済協会 調査部部長)、内堀 敬則(みずほ総合研究所 調査本部 アジア調査部中国室上海主任研究員)、杉浦幹男(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員)、朱 炎(富士通総研経済研究所 主任研究員)、稲垣 清(三菱UFJセキュリティーズ香港キャピタル 産業調査アナリスト)、青山 周(日本経済団体連合会 アジアグループ長)、多賀 弘顕(共立総合研究所 調査主任研究員)
※著者肩書きは、本書発刊当時のものです。

LEADERS NOTE
「毒」がなくては詰まらない 「蜜」がなくては愉しめない 「骨」がなくては意味がない